オフィス

システム活用で削減可能な人事労務管理担当スタッフの人件費

電話

どのような業界で操業している企業にとっても、人件費抑制は共通の課題です。人件費を上手く抑えるコツは、本当に人が必要な部門で、必要な人数を正確に算出して採用することです。本当に必要な人材さえ採用抑制してしまうと、事業成長の妨げになり逆効果ですので、注意が必要です。
本当に人が必要な部門と言えば、やはり、開発や営業といった人間が担当するしか対処のしようがない業務部門が最優先となるでしょう。一方、人事や労務管理を担当するバックオフィスに関しては、敢えて人を採用するまでもなく、人事労務管理システムを導入することで、業務効率を上げることが可能です。業務効率がアップすれば、担当者の数を増やすことなく、従来通りあるいはそれ以上の効率で、増えた人事労務管理業務に対処できます。これは、従来は紙で処理していた様々な人事手続き、労務管理業務が、システム導入で電子処理に切り替わるためです。効率アップによってバックオフィススタッフの人件費を抑制できることに加え、ペーパーレス化によって消耗品のコストダウンが出来るというメリットもあります。
このように、業務効率化に加えコストダウン効果も大きい人事労務管理システム、是非、導入を進めてみてはいかがでしょうか。

Article

事業規模拡大に備えて人事労務管理システムを導入しておこう

創業からある程度の時間が経過して、その間順調に業績を伸ばし、機を見て事業規模の拡大をする予定なら、その前に人事労務管理システムを導入しておきましょう。事業規模の拡大には、人員増や事業所の増設がつ…

ビジネスマン

人事労務管理業務もシステム導入などで最適化が必要

起業してまだ歴史が浅い会社もあれば、かなり長いことビジネスを続けている会社もあるでしょう。いずれの場合も、会社の規模や人員構成が変わっても、昔使っていた方法をずっと使い続けているケースはよくあり…

OL

システム活用で削減可能な人事労務管理担当スタッフの人件費

どのような業界で操業している企業にとっても、人件費抑制は共通の課題です。人件費を上手く抑えるコツは、本当に人が必要な部門で、必要な人数を正確に算出して採用することです。本当に必要な人材さえ採用抑…

電話

情報漏洩リスクの低い人事労務管理システムでストレスなく業務処理を

人事や管理職ポジションにいる社員は、他の一般社員とは異なる種類のストレスに常時晒されています。それは立場上、労務管理や人事関連の業務を通じて他の社員の個人情報に接触する機会が多いため、これを外部…

握手
TOP