オフィス

事業規模拡大に備えて人事労務管理システムを導入しておこう

ビジネスマン

創業からある程度の時間が経過して、その間順調に業績を伸ばし、機を見て事業規模の拡大をする予定なら、その前に人事労務管理システムを導入しておきましょう。事業規模の拡大には、人員増や事業所の増設がつきものですが、そうした対応を行う前に導入しておく方が望ましいです。それは、システムを導入することで、人事や労務管理の対象となるスタッフが増えても、関連した業務の量を大幅に増やさずに済むためです。また事業所が増えると、労務管理や人事業務の処理は煩雑さを増す傾向がありますが、システム導入を済ませておけば、こうした問題も未然に防ぐことができます。
人事や労務管理業務は、人員が増えれば、それに比例する形で処理量が増える傾向があります。増員のための人件費予算は、なるべく会社の収益アップに直接貢献する部門の増員に充てたいところですが、人事と労務管理業務を効率化しておかないと、バックオフィススタッフの増員も必要になるでしょう。システム導入を済ませておけば、業務効率化によって、増員なしでも従来以上の業務処理が可能になります。また、システムを介して人事や労務管理関連の処理を行うなら、部下と上司、人事部が地理的に離れた事業所所属でも、スムーズに業務を進めることが可能です。

Article

事業規模拡大に備えて人事労務管理システムを導入しておこう

創業からある程度の時間が経過して、その間順調に業績を伸ばし、機を見て事業規模の拡大をする予定なら、その前に人事労務管理システムを導入しておきましょう。事業規模の拡大には、人員増や事業所の増設がつ…

ビジネスマン

人事労務管理業務もシステム導入などで最適化が必要

起業してまだ歴史が浅い会社もあれば、かなり長いことビジネスを続けている会社もあるでしょう。いずれの場合も、会社の規模や人員構成が変わっても、昔使っていた方法をずっと使い続けているケースはよくあり…

OL

システム活用で削減可能な人事労務管理担当スタッフの人件費

どのような業界で操業している企業にとっても、人件費抑制は共通の課題です。人件費を上手く抑えるコツは、本当に人が必要な部門で、必要な人数を正確に算出して採用することです。本当に必要な人材さえ採用抑…

電話

情報漏洩リスクの低い人事労務管理システムでストレスなく業務処理を

人事や管理職ポジションにいる社員は、他の一般社員とは異なる種類のストレスに常時晒されています。それは立場上、労務管理や人事関連の業務を通じて他の社員の個人情報に接触する機会が多いため、これを外部…

握手
TOP